1. HOME
  2. ブログ
  3. 仕様
  4. 構造

SPEC

仕様

仕様

構造

ベタ基礎

ベタ基礎とは、床一面を鉄筋コンクリートで覆う工法で、家全体の重さを面で支えるのが特徴です。

地面と接している部分が多く、その他の基礎よりも家の重さを全体的に受け止めるため、構造上家を支えるのにもっとも安定した基礎を当社は採用させていただいてます。

ベタ基礎は基礎や構造物が傾いて沈下する「不同沈下」にも強く

床一面が鉄筋コンクリートなので、面で重さを受け止める構造となっており、傾きにくいかたちになっております。


不同沈下に強いということは、年数がたっても柱や床の傾きやひび割れが発生しにくい構造で安心した住環境がご提案できます。

また、害虫や湿気にも強いのがベタ基礎のメリットです。


鉄筋コンクリートの下に防湿シートを敷き込み、地面から上に上がってくる湿気から家を守ることができます。


湿気のある木材はシロアリが最も好むところです。

床下の地面からシロアリは侵入してくるため、防湿シートや床全体にコンクリートを使っているベタ基礎の家にはシロアリなどの害虫が入りにくいといわれています。

  

基礎パッキン

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: list.jpg

通気口をなくすことにより基礎の強度があがり地震につよい建物となります。

また、昔の施工方法の通気口と違い基礎全周から換気が行える施工となりますので床下の換気より湿度から建物を守ります。

また、通気口と違い開口より小動物等の侵入も防ぎます。

  

剛床工法

躯体にそのまま床となる構造用合板を固定する工法です。


従来の一般的な木造建てに利用されている、根太工法との大きな違いは、躯体となる梁の「大引き」と床となる「合板」の間に、「根太」をかましていない点になります。


また、梁に直接とめる構造用合板は、従来の合板より厚みがあり、従来(主に12mm)の倍以上で施工することにより床に強さのでる工法で、構造材や接合部だけでなく、面となって家を支える床自体の強度をあげることで、家全体の強度を高める役目を果たします。


水平方向への力に強く、床のズレを抑え、地震や台風にも強い建物となっております。

   

省令準耐火構造

1.隣家などから火をもらわない

2.火災が発生しても部屋から火を出さない

3.万が一部屋から火が出ても延焼を遅らせる

上記3点つの考えに基づいた対策が施され、万が一の火災時にも避難時間を十分に確保できる性能を持っていると公的に認められた構造のことです。 

火災保険の保険料も割安になります。

     

ファンデーションカラー(グレー)

住宅コンクリート基礎の弾性美装仕上げ塗材となります。

弾性タイプのため仕上げ材表面に、コンクリートに発生するヘアークラックが現れるのを防ぎ、さらにコンクリート内部に水の浸入を防ぎます。

そうすることによって中性化が抑制され、コンクリートの耐久性が向上します。